« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008.12.31

なにも進まない

Dsc_6999


たっぷり寝た朝。
手を握ると不思議そうな顔をする娘。


Dsc_6990

そして笑う。

これだけ機嫌が良くても、私の気配が感じられなくなると突然ものすごいでっかい声で泣き出す我が子。

28日に東京に戻って来てこんなことばかり繰り返してるので、一向に部屋が片付きません。
もう後少しで2008年は終わってしまうのに。。。

このまま散らかった部屋で年越しを迎えるのかあ。
今、夫が黙々と片付けをしています。
家族3人での初めての年越しは、思いのほかバタついています。

みなさま、よいお年を。
また来年もよろしくお願いします。

|

2008.12.20

成長の早いこと!

Dsc_6563

出産前、「産んだときに3000gくらいあると育てやすいよ」と周りのおばちゃんたちに言われていた通り、確かに力も強いし、壊れそうな脆さがないし、育てやすい我が子。
産まれて来たとき3100gで、出て来たときから顔がしっかりしていました。

それがたった2週間でさらにみるみる成長。
髪がふさふさしてきたり、自分で首を持ち上げようとしたり。
授乳の間隔も3、4時間と規則正しくなって来て、体重もずっしり重くなり、顔もふっくらぷにぷにになってきました。

Dsc_6525

表情もとっても豊かで、泣いたり


Dsc_6526

笑ったり


Dsc_6533

びっくりしたり。

あまりに子供の成長が早すぎて、私の母親としての成長が追いつきません。
今月末、3週間ぶりに我が子に会う夫は、きっともっとびっくりするに違いない。

|

2008.12.18

スチームクリーム

Dsc_6577

全身に使えるスチームクリームの12月のデザインは、ピンクのパイソン柄(写真:下)とクロコダイル柄。

ほとんど限定缶なので、サクッとSOLD OUTになってしまいます。
肌がしっとりふんわりするので、乾燥する季節には特に重宝しますよ。

|

2008.12.17

カンガルーのぽっけ

Dsc_6516

哺乳瓶を買ったついでに購入したBettaのスリング。

使ってみるととっても居心地が良さそう。
スリングを使うとぐっすり寝てくれるし、これから重宝しそうです。

丈夫な作りであったか生地。
見た目もカンガルーのぽっけに入ってる赤ちゃんみたいでかわいらしい。

|

2008.12.16

マッサージの天国と地獄

Dsc_6569_2

出産後なんだかんだで6キロ減った体重。
一気に体重が減ったので、皮膚のたるみが目立つようになり、デトックスマッサージを始めました。

それが数日前。

そして、デトックスマッサージを始めたその夜、胸の痛みと共に高熱が!
病院へ行ってみると、予想通り”乳腺炎”でした。
そして乳腺の詰まりをなくすための恐怖のおっぱいマッサージを受けることに。

出産の痛みとはまた違う、堪え難い痛み(涙)

これが嫌で、毎日自分でおっぱいマッサージしてたのに。

病院から帰って来て母から聞いた衝撃の一言
「チョコレートって乳腺を詰まらせるんだって」

滅多に間食しない私が、たまたま口にしたチョコレート。
それが原因だったなんて。

薬でどうにか高熱は下がりましたが、おっぱいマッサージの恐怖は消えません。

|

2008.12.10

無駄に泣かない子

Jilico

目が覚めると目の前にど〜んと子供の顔がある。
最近彼女は母乳を飲みながら寝るのがブームらしく、夜中にぐずった時は私も飲ませながら寝るもんだから、目が覚めたとき私の脇あたりにピタっとくっつく子供がいたりするのです。

普段寝が浅い私は、子供のちょっとした声でも目が覚めるのですが、私の腕枕で眠る彼女は眠りがとてつもなく深く、ちょっとやそっとじゃ起きない。
なので、平気で5、6時間ぐっすり眠ってしまったりするのです。

普通、赤ちゃんっておしめが汚れたら泣いて教えてくれるもんだと思っていたけど、うちの子は布おむつが汚れようとも素知らぬ顔をする。
泣く時は、おなかが空いたとき、さびしいとき、眠るきっかけに母乳が飲みたいとき、怖いときです。

Julico2

ブリリリ。。。

明らかにウンちゃんの出る音がしても、本人はスッキリした顔をするばかりで一向に泣かない。
だけど私は段々分かって来たのです。
彼女、ウンちゃんをするとき、小鼻が白くなるくらい力んでいることを。

こんな風にひとつずつ子供のことについて知っていくんですねえ。
毎日が楽しいです。

Julico3

私はというと、出産翌日は足がガタガタで立つこともままならなかったけど、最近はもうすっかり元気になりました。
それでもまだ本来の体調に戻るにはもう少し時間がかかるんだとか。
自覚症状はないけど。
なので、もう少しのんびりさせてもらおうと思います。

|

2008.12.09

ふくごまめめ

Fukugomameme

入院中、桜子さんから「ふくごまめめ」が届いた。

私の一番のお気に入りは"ごまのシャンプー"。
ごまちゃんのびしょ濡れ姿はなんともかわいい。

めめちゃんはもうどれも文句なくかわいくて、どれか一つを選ぶなんて私には無理。

ふくさんの好きなところもホントいろいろあるけれど、一番すきなのは、見た目から想像できないほど大きな鳴き声かな。
もう随分前になるけれど、ふくさんとまだ小さかったごまちゃんをうちで預かったとき、ふくさんの大きい「おなか空いた〜!」の声に、思わず吹き出してしまったことを思い出す。
それが今ではカラオケにまで進化しているらしい。
元々歌うの好きだったのかなあ。
いつか、聞いてみたいなあ。

最近はなかなか会いにいけないけれど、「ふくごまめめ」で久しぶりに3にゃんののんび〜りした時間を堪能できた気がしました。

桜子さん、hanaさん、いつも新しい本が出る度にプレゼントしてくれてありがとう!
「ふくごまめめ」も私の本棚のふくごまめめコレクションに加えさせていただきます。

まだ見てないぞ!って今気づいた方、ぜひお近くの本屋さんへ〜!

|

2008.12.07

無事帰って参りました

入院予定の前日、11月30日23時56分、無事女の子を出産しました。

トータルで9時間、分娩室に入ってからは20分くらいのお産で、後で他のママさんたちから話を聞いてみると、私は随分安産だったみたいです。私的にはそれでもしっかり苦しんだ感じだったのですが。。。

Dsc_6348

私にはふわふわの脂肪のお土産がお腹に残ったけど、やっぱり実際に顔を見るとそんなこともどうでもよくなりました。

R0013639


分娩中は母と夫が何時間も私の腰をマッサージしてくれて、次の日2人とも全身筋肉痛だったらしい。今回のお産はホント私と母と夫と3人の共同作業で乗り切った感じです。
Dsc_6401

夫は、子供のことがかわいくて仕方がない様子。
結局30日の始発に飛び乗ってから出産、1週間の入院、退院までずっとついててくれて子供の世話をしてくれました。

お腹がいっぱいになるとしばらくはグッスリ寝てくれて、比較的楽チンな子育てのスタート。
マイペースに無理なく楽しんでやっていこうと思います。

Dsc_6503_2

ちなみに、猫ズの反応ですが、ココ以外は皆子供の泣き声にビビリ気味。
ミュウにいたっては、鳴き声が聞こえる度にボックスから顔をひょいと出して様子を伺っているのでした。

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »